英語の勉強・学習教材を徹底評価しています。

巷に溢れる様々な英語学習教材について独自に研究を行い、研究結果を詳細に報告しています。
*** 所長挨拶 ***
「ようこそ当研究所へいらっしゃいました、私が所長のセニョール中原です。当研究所は、所長自身が使用して徹底的に検証を重ねた英語学習教材について、その使用感や良い点・注意点や効果等をちょっとありえないぐらいに詳細に報告することを目指しております。現在の研究・検証対象は英脳プログラムスーパーエルマー、マジックトーカーズとなっています。」
セニョール総合非科学研究所 TOPへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。当研究所の所長を務めております、セニョール中原です。今回は、スピーキング力をつけるための訓練についての検証ですね。英脳プログラムは、一体どのような訓練を用意しているのでしょうか。早速検証を開始しましょう。


実は、スピーキング力をつけるための訓練用として、新たなCDが用意されているわけではありません。

過去に検証した「英脳潜在意識改革プログラム」CDと「脳内反復セラピー」CDを使用します。


まず、「英脳潜在意識改革プログラム」のフレーズを英語の後について口に出して、できるだけ音声の真似をして復唱するそうです。

でも、これが結構難しい…。次の英文が流れるまでに3秒しかブランクがなく、モタモタしているうちに次の英文が始まってしまいます(次の英文と言っても、同じ英文が5回繰り返された後に新たな英文に移るのですが)。英文の意味もまだよく把握しているわけではないので、ついて行くのが大変ですね。


ここでもう一度マニュアルを見ると…「英語の意味を特に意識することなく聞くだけでわかるようになったら、英語の後について復唱の訓練を行って下さい」と書いてありました。ありゃ、ちょっとスピーキングの訓練に入るのが早過ぎたようです。


これではしっかりした検証を行うことができませんね。「英脳潜在意識改革プログラム」の英文が聞くだけでわかるようになるまで、この検証は延期ということにしましょう。その間に、別のCDの検証を行うことにします。


それでは次に、いよいよ英語学習教材らしい教材である「高速英単語マスター1」CDの登場です。このCDは2枚組となっており、TOEICに頻出する英単語600語が収録されているそうです。しかし、ただ単に英単語が収録されているだけではなく、いろいろ秘密がありそうです。果たしてその全貌やいかに?

この後すぐに検証を開始しますので、今しばらくお待ち下さい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。