英語の勉強・学習教材を徹底評価しています。

巷に溢れる様々な英語学習教材について独自に研究を行い、研究結果を詳細に報告しています。
*** 所長挨拶 ***
「ようこそ当研究所へいらっしゃいました、私が所長のセニョール中原です。当研究所は、所長自身が使用して徹底的に検証を重ねた英語学習教材について、その使用感や良い点・注意点や効果等をちょっとありえないぐらいに詳細に報告することを目指しております。現在の研究・検証対象は英脳プログラムスーパーエルマー、マジックトーカーズとなっています。」
セニョール総合非科学研究所 TOPへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは具体的に、スーパーエルマーの学習に入っていきたいと思います。いよいよTOEICリスニングで満点を取るための第一歩を踏み出しますよ。

まず一番最初に、レクチャーCDを聴いて学習の概要をつかむよう、指示されております。では早速CDをオン…


あっ!懐かしいメロディが流れてきました。私の記憶が正しければ、十数年前にスーパーエルマー(当時はSIM)を聴いたときに収録されていたメロディと同じです。

そして、甘く優しい感じの、魅力的な声が聞こえてきました。この声の持ち主は、ダン上野Jr.さん。このCDを通していろいろレクチャーをしてくれるそうです。



ダン上野Jr
ダン上野Jr.さんです。スーパーエルマーの公式サイトより画像を拝借。


なぜダン上野「Jr.」なのか?Jr.じゃないダン上野がいるのか?と思ったあなた、正解です。

私が以前入会していた頃は、Jr.じゃない「ダン上野」さんがレクチャーを担当していました。

やはりちょっと甘く優しそうな感じの語り口が印象的でしたから、今回ダン上野Jr.さんの声を聴いて「父親にそっくりだ!」と思いましたね。


声がそっくりというだけではなく、ダン上野Jr.さんはTOEIC満点保持者でもあり、英語の実力も十分です。

彼もこのスーパーエルマーで学習したのでしょう、声も英語力も父親譲りですね。






そのダン上野Jr.さんがまず、「音節リズムの法則」について説明してくれました。

それは「英語は音節の数で発音のリズムが決まる」というものです。


例えば「handsome」は母音が2つある2音節の単語であり、「タン・タン」と2拍のリズムで発音する単語だから、「ハン・ド・サム(3拍)」でなく「ハン・サム」と2拍で発音する。

「Sydney」も2音節の単語だから「シ・ド・ニー(3拍)」ではなく「シッ・ニー」と2拍で発音する、というのが基本だそうです。

以下、いろいろ丁寧に例を取り上げたり、例外などについても説明してくれました。


この「音節リズムの法則」さえ知っておけば、日本人の英語下手の3分の1ぐらいは解決するとか。それが本当なら凄い法則です。


この先スーパーエルマーの学習を続ける際には、この「音節リズムの法則」を念頭に置いて学習する必要があるのです。

そして、スーパーエルマーの学習理論の柱は、次にダン上野Jr.さんが説明してくれる「SIM同時通訳方式」です(私が昔学習していた当時の「SIM」の名称は、ここに残っていましたね)。

それは一体どんな学習理論なのでしょうか?楽しみですね。それではまた次回、お会い致しましょう。


スーパーエルマーの無料試聴申し込みはこちらからどうぞ。


コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunrisestar.blog37.fc2.com/tb.php/16-45582a79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。