英語の勉強・学習教材を徹底評価しています。

巷に溢れる様々な英語学習教材について独自に研究を行い、研究結果を詳細に報告しています。
*** 所長挨拶 ***
「ようこそ当研究所へいらっしゃいました、私が所長のセニョール中原です。当研究所は、所長自身が使用して徹底的に検証を重ねた英語学習教材について、その使用感や良い点・注意点や効果等をちょっとありえないぐらいに詳細に報告することを目指しております。現在の研究・検証対象は英脳プログラムスーパーエルマー、マジックトーカーズとなっています。」
セニョール総合非科学研究所 TOPへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はいこんばんは、セニョール中原です。またまた1週間が過ぎ、TOEIC模試の時間がやってきました。e・TESTによる実力診断の結果はいかに?



……今回のスコアは、408点でした。リスニングは264点、リーディングは144点でした。おやおや、これで3週連続スコアがダウンしております。ちょっと停滞期でしょうか。


よく見れば、408点というスコアは私が初めてe・TESTを受けたときのスコアと一緒ですね。1ヶ月経ってもスコアが変わらないというのは、ちょっとヘコみます(T_T)


まあ、十数年以上英語から完全に離れていたのに、たった1ヶ月でスコアが急激に伸びると考えるほうが虫が良すぎるのかもしれません。それでも継続は力なり、これからも英語の勉強は続けようと思います。


人気blogランキング(英語)でこの研究所も健闘しております!



スポンサーサイト
はいこんばんは、セニョール中原です。本日はマジックトーカーズの検証を行います。



今回は、マジックトーカーズに含まれている基本中の基本、日常英会話について学んでみましょう。



日常英会話



日常英会話の項目は、「人間関係」「対話に有用な表現1」「対話に有用な表現2」「感情」「食べ物」「買い物」「家」「交通」「電話で会話」「レジャー・趣味・文化」「健康」「公共施設で」「紛失・事故・盗難」といった13の項目に別れています。



マジック・トーカーズ




EP-400N




では、その中の一番最初の項目である「人間関係」を選んでみましょう。


「人間関係」の項目の中でも、「挨拶」「紹介」「約束」「パーティ」「デート」「葬式で」という6つの項目に別れています。



人間関係




ではさらに、その中の「挨拶」を選んでみます。


「挨拶」のなかでも、さらに「初めて会った時」「知り合いの間で」「久しぶりに会った時」「別れる時」「天気について」「対話の例文1」「対話の例文2」「対話の例文3」というパートに別れています。


挨拶



では「初めて会った時」を選んでみましょう。


マジックトーカーズ



EP-400N



「初めて会った時」に使える英会話がいくつか収録されています。

このように、マジック・トーカーズには日常英会話が全部で約4,000も収録されていますので(実はもっと収録されているようですが、それはまた後日検証します)、これをマスターすれば日常英会話で困らなくなるのではないでしょうか。


それでは今回はこの辺で。またこの研究所でお会いしましょう。




はいこんばんは、セニョール中原です。前回のオンライン模試から10日も過ぎているのに、なかなか模試を受験できませんでした。


いや、受験できなかったと言うより、受験を避けていたと言うのが正直なところです。3週連続スコアがダウンしており、また今度もスコアが下がるんじゃないかという気持ちになってしまい、ついつい遠ざかってしまいました。


しかし、自分の実力をある程度客観的に把握しておくため、いつまでも模試を避けるのもどうかと思い、本日受験しました。



いつものようにe・testによるオンライン模試を受験。思い立ったらすぐに受験できるのがいいですね。



さて、今回の結果は……420点でした。リスニングは240点、リーディングは180点。前回より12点アップし、ようやくスコアのダウンは食い止められたようです。


それにしても、なかなか思うようにスコアは伸びませんね。もっと英語の勉強時間を確保したいところです。


ところで、来月のTOEIC受験の申込みの締め切りが迫ってきました。私は来月は受けずに、7月にまた受験する予定です。7月までにはどこまでスコアが伸ばせるでしょうか。地道な努力が必要ですね。


それでは今回はこの辺で。みなさん、英語の勉強を頑張りましょう!
(一番頑張らないといけないのは私ですが^^;)


英語学習ランキングには英語の勉強を頑張っている方々がたくさんいます!


みなさんお元気ですか、セニョール中原です。今日は、スーパーエルマーの検証です。


今回はStep5ですね。Step5では、新たにどんな訓練が加わるのでしょうか?


Step5では、Skipの部分で「リピーティング」の訓練が加わります。 今までは、Skipのポーズの部分でその部分の意味を考えるだけでしたが、ここからは意味を考えると同時に、自分でも声を出してリピーティングをします。


リピーティングの効果として、まず自分のリスニング力がわかるという効果があります。 英語の発音を正確に捉えなければ音の再現はできませんので、リピーティングをすれば自分がどの部分が聴き取れていないかすぐにわかります。


次に、英語の記憶力と再現力が高まります。リピーティングでは、聴き取ったものを一時「記憶」し、 それを「再現」するということを繰り返しますので、英語の「記憶力」と「再現力」が特に高まります。 その結果、TOEICなどの試験においても、この訓練が非常に有効に働きます。


そして連結(リエゾン)や脱落(リダクション)に慣れることができます。ネイティブの英語をそのまま 真似ることによって、日本人が特に弱いとされる英音の連結や脱落にも慣れることができます。


このように、リピーティングの訓練を通して発音がよりネイティブに近い正確なものになるので、リスニング力もそれにつれてアップします。また、声に出してネイティブの英語をそのまま真似ることによって、スピーキングの訓練にもなり、結果として英会話力をアップさせることができます。


リピーティングの威力は凄いですね。リピーティングの訓練を続ければ、確実に英語が上達することでしょう。


以上がStep5でした。なお、Step5でも引き続きCDを聴くことには変わりありません。CDを聴くことはどのStepの段階でも大事なんですね。


このStep5が終わると、さらにStep6に進みます。Step6ではさらに新たな訓練が加わるのですが、それはどのような訓練なのでしょうか?引き続き、スーパーエルマーの検証を行いたいと思います。

それでは今日はこの辺で。またこの研究所でお会いしましょう。
どうもこんばんは、セニョール中原です。受けてきました、TOEIC
前日風邪を引いて半日寝込んでしまい、今日受験できるか心配だったのですが、残念ながら(?)風邪はすっかりよくなってしまったため、しっかり受験してきました。


何と言っても初受験。まあ今回はTOEIC試験の雰囲気に慣れることを目標に受けましたが、いやはや、想像以上に手強かったです。


まずはリスニングからスタート。開始後、たった5分で頭がショートしてしまいました^^;
これは風邪の後遺症?いやいや、私の実力不足です。


それでもパート2ぐらいまでは何とかついていったのですが、パート3、4はもう何を言ってるか耳に入りません。ほとんど勘でマークするような状態です。


やがて長い長い45分間が過ぎ、続いてリーディングへ。
まずはパート5、短文穴埋め問題です。これが難しい…時間もかかります。自分の実力不足を再認識させられます。


もう途中退出したくなってきましたが、最後まで受けるだけ受けようと思い直し、何とか次のパート6、長文穴埋め問題へ。おやっ、これは意外に簡単に感じました。ようやく「解いた」と実感できるようなパートでした。


そして最後のパート7へ。これも割と簡単なように思えました。ふむふむ、おおっ、これは解けるぞ、などと思いながら解き進めると、まだ30問以上もあるのに残り時間があと5分に。もちろんこの時間では全部解けるはずもなく、あえなくタイムリミット。こうして、私のTOEIC初受験は終わりました。


手ごたえとしては、おそらく400点以下でしょう(T_T)パート6以外、まともに勝負ができませんでした。これは、TOEIC向けの対策をしてみたほうがいいかもしれませんね。


今までこの研究所で検証中の教材を使って英語の勉強はしていますが、TOEIC対策はe・testを受ける以外ほとんどしていませんでした。TOEICも「試験」である以上、ある程度「試験対策」によってスコアが伸びると思われます。もちろん小手先のテクニックにばかり頼るのではなく、英語の力を伸ばしていくことは大前提ですが。


次回の受験は2ヵ月後の7月を予定しています。次回の受験に向けて、これからTOEIC対策を進めてみたいと思います。


本日TOEICを受験されたみなさん、お疲れ様でした。


英語学習ランキングには勉強熱心な方が大勢います!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。