英語の勉強・学習教材を徹底評価しています。

巷に溢れる様々な英語学習教材について独自に研究を行い、研究結果を詳細に報告しています。
*** 所長挨拶 ***
「ようこそ当研究所へいらっしゃいました、私が所長のセニョール中原です。当研究所は、所長自身が使用して徹底的に検証を重ねた英語学習教材について、その使用感や良い点・注意点や効果等をちょっとありえないぐらいに詳細に報告することを目指しております。現在の研究・検証対象は英脳プログラムスーパーエルマー、マジックトーカーズとなっています。」
セニョール総合非科学研究所 TOPへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やばい、やばいです。


最近、マジック・トーカーズが欲しくてたまりません。


もともと、私はこのような小さなデジタル機器に魅力を感じてしまう性質で、シチズンのデータスリム2(知ってる人少ないでしょうね)なんかをよく持ち歩いていたものでした。


最近はもうデータスリム2を持ち歩くことはなかったのですが、マジックトーカーズはその代わりになりそう、いや代わりどころか遥かに凌ぎそうな雰囲気です。


これ1台で16,927もの英文のレッスンができるって?


英和95,000語+和英辞典82,000語が入ってるって?


音声の再生スピードを50%から200%まで変えられるって?


さらにFMラジオが聴けて、デジタルボイスレコーダーにもなって、
パソコンのテキストファイルが読めて電卓にもなって、MP3プレーヤーにもなって…うーむ、当研究所の研究費も乏しい状況なのですが、これはコレクター(?)としては押さえておきたい一品です。


英語伝のサイトでマジック・トーカーズを買うと無料学習サポートがつくし、オリジナルの活用マニュアルやリスニングCDがおまけでもらえるらしいし、さらに今なら英語学習ソフトもついてくるらしいし…


おまけだけで1万円ぐらいの価値があるので、買うなら今かなあ…所長は非常に迷っております。(追記:おまけについては、時期によって変わるようです)

(まあ、迷ったときは結局買ってしまうんですけどね…)




スポンサーサイト
負けました…完全敗北です…マジック・トーカーズの魅力にノックアウト。ついに注文してしまいました!


どうするんですかね、次から次へと英語学習教材に手を出して…今回のマジック・トーカーズはコレクターの血が騒いでしまい、ついつい購入してしまいましたが、購入したからには英語学習教材としての実力も徹底検証しますよ。早ければ1日で届くようなので、すぐに検証が始められそうです。


これで検証対象が4つに増えてしまいましたね。これだけ手を広げると、仮にTOEICのスコアが伸びてもどの教材のおかげかわからなくなってしまいそうです(^^)


そういう場合は、それぞれの教材の「相乗効果」で伸びたと言えばいいかな?実際、それぞれの教材の役割が異なりますので、「相乗効果」はあると思いますよ。さあ教材は揃いました、あとは「勉強」するだけ!?




マジック・トーカーズ、届きました!いやー、楽しみですねー。早速写真を交えて見てみましょう(写真をクリックすると拡大します)。


マジック・トーカーズ
(下に写っているのは100円玉。想像以上に大きな袋でビックリ)




ワクワクしながら袋から取り出します。




マジックトーカーズ一式
(マジック・トーカーズ以外のおまけが容量を占めているので大きいのでしょうか?)




では、開封してみましょう。





060330_1853~0001.jpg
(同封されていたもの一式。100円玉は入っていませんよ)




おまけもいいけど、やっぱりまずはマジックトーカーズから。




060330_1854~0001.jpg




さあ、開けますよー。





060330_1854~0002.jpg
(おお、ついに本体と御対面!)




箱から取り出して、机に置いてみます。




060330_1856~0001.jpg
(うーん、小さいですねー。若干ピンボケ)




今日はサービスで、裏面まで見せちゃいますよ。





060330_1856~0002.jpg
ネジを開けて、裏面からバッテリーを装着するようです。済みません、バッテリー装着口は横のほうにありました。いちいちネジを開けて装着するなんて面倒なことをさせるはずありませんね。)





マジック・トーカーズが入っていた箱は二重底になっており、付属品が入っていました。





060330_1855~0001.jpg




060330_1858~0001.jpg





手のひらにすっぽり入るぐらいの小型サイズ。このサイズに惚れたんです。





060330_1901~0001.jpg
(このように綺麗に手のひらに収まります。私の手が特に巨大という訳じゃありませんよ)



いつもとは異なり、今回は画像だらけでしたね。まあ、たまにはいいでしょう。次回から、マジック・トーカーズを実際に使用しながらじっくりと検証していきたいと思います。それではまた、この研究所でお会いしましょう。





-- 英脳プログラム、スーパーエルマーについても研究中 --

はいこんばんは、セニョール中原です。私は今、ちょっと困っています。マジック・トーカーズの機能が多過ぎて何から検証すればいいか迷ってしまうんですね。


とりあえず、気の向くままに使ってみましょう。まずは英和辞典から。


それでは早速、バッテリーを装着…おっと、その前に注意点があります。


「商品到着後、初めて本機を使用になる際、充電は絶対にしないで下さい。電池マークが、空になるまでご使用になってから最初の充電をして下さい」という注意書きがありました。


「絶対に」充電してはいけないそうなので、注意しましょう。充電せずに、そのままバッテリーをマジックトーカーズに装着します。(画像はクリックすると拡大します)


マジックトーカーズとバッテリー

(横からバッテリーを入れて装着。誰ですか、最初にネジを外して裏面から装着するとか言ったのは!)



続いてスイッチオン!スイッチはマジックトーカーズの上のほうにあります。



スイッチの位置

(左端がオフ、真ん中がオン、右端がホールド。電源を入れるときに、勢い余ってホールドにしないよう注意)



そうそう、ストラップを付けるのを忘れていました。落としたら大変ですから、しっかりと装着しておきましょう。



ストラップ付

(ストラップ装着。これで安心)




マジック・トーカーズ

(機能選択画面。辞典として使う場合は上の段の右から2番目を選択)







英和辞典を使う場合は、左をクリックします。



キーボード



画面上にキーボードが表示されますので、調べたい単語を入力します。



入力画面



今回は「dictate」を調べてみましょう。さきほどから「クリック」とか「入力」などと言ってますが、マジックトーカーズの画面はタッチパネルになっており、写真のように先の尖ったストラップで画面を押して入力します(後で気が付きましたが、専用のタッチペンが付属していました。写真はいずれアップします)。単語を入力後、画面右下のエンターキーをクリック。



060402_2155~0001.jpg


「dictate」の意味が表示されました。発音記号・意味・使用例など、詳細に表示されます。このように、マジック・トーカーズの英和辞典には約95,000語が詳細に収録されています。あんな大きな辞典がこんな小さい本体に収められているとは驚きですね。そしてこのマジック・トーカーズに収められているのは、まだまだこんなものではありません。いつになったら全部使いこなせることやら…



それでは今回はこの辺で。またお会いしましょう。



さて、今日からマジック・トーカーズを使った学習に入っていこうと思います。とはいえ、様々な使い方ができるため、一体何から手をつければいいのかちょっとわかりません。しかし心配不要、購入先の英語伝さんが英語学習マニュアルをつけてくれています。そこでまずはそのマニュアルに沿って学習してみましょう。


マジックトーカーズには全部で16,927もの英文が収録されており、その英文を学ぶのが学習の基本となります。その中から、まずは興味のある内容や必要な英語の内容から学習を始めるのがよい、とマニュアルには記載されています。現在の私が一番興味のある内容はTOEIC対策ですから、まずはTOEIC向けのものを探してみましょう。






探してみると、「TOEIC対応テストトレーニング」というパートがありました。では早速トレーニングを始めたいと思いますが、その前に!マニュアルには、「3回以上繰り返しリスニング」することが勧められています。初期設定で、英文を何回繰り返して再生するか設定できるので、3回繰り返すように設定しましょう。






「章のリピート回数」「節のリピート回数」「句のリピート回数」「文章のリピート回数」と、かなり細かな設定ができます。それぞれ1回から9回の範囲で設定できますが、ここでは、文章のリピート回数を3回に設定してみましょう。

「TOEIC対応テストトレーニング」では、「慣用的表現」「TOEIC頻出表現」のという2種類のトレーニングが用意されています。今回は「TOEIC頻出表現」を学習してみることにします。






「TOEIC頻出表現」がアルファベット順に学べます(どの順番でも任意に学べます)。まず「A」を選んでみます。


TOEIC頻出表現



マジック・トーカーズ



画面には全部収まっていませんが、全部で10の頻出表現があります(右下の逆三角形を押せば残りを見ることができます)。

まずは1番上の「一口」をクリックして、学習スタート!ちょっと愉快な音楽が流れ、英語学習が始まります。


おっと、大事な説明を忘れていました!このマジックトーカーズはスピーカーを内蔵しています。ですから、イヤホンがなくても音声を聞くことが可能です。今回は研究所内での検証であり、周りの人に迷惑をかけることもありませんので、イヤホンをつけずにそのまま使ってみましょう。


音楽が終わった後、まずは英語で「A(エイ)、 bite」と読み上げられます。日本語訳は画面には表示されるものの、音声は流れません。そしてその表現を使った英文が、その後いくつか流れてきます。


060407_2040~0001.jpg



一度に複数の英文が同時に表示されるのではなく、マジック・トーカーズから流れる音声に合わせて、順次表示されます。このとき、英文が何度繰り返されるかは、さきほど初期設定画面で設定した回数によります。私は文章ごとに3回繰り返すように設定したので、まず始めの文「Do you want a bite?」が3回繰り返されます。そして3回繰り返された後、次の英文が画像に表示され、その英文に対応した音声がマジックトーカーズから流れます。


このように学習を進めていくのですが、これはまだまだイロハの「イ」でしかありません。続きはまた次回お届けすることにしましょう。機能が多すぎで、マジック・トーカーズの全部を検証するのに1年ぐらいはかかるかもしれませんね!?




はいこんばんは。今回は、英語学習教材の範疇にはとても収まらないマジック・トーカーズの検証です。前回、「TOEIC頻出表現」についてちょっと学習してみましたが、その中で触れることができなかった点がいくつかあるので、その点について触れてみましょう(画像はクリックすると拡大します)。


マジックトーカーズで英文を学習する際、画面には「英文→日本語」の順で表示されるのですが、その表示方法をを自由に変えることができるんです。



通常表示

(これが通常の表示です)



英文のみ

(英文のみの表示です)



日本語→英語

(日本語→英語の表示です)


日本語のみ

(日本語のみの表示もOK)


これは便利ですね。自分の実力に合わせて自由に設定できるというわけです。



それだけではありませんよ。音声の再生スピードも3段階に変えることができます


標準

(小さい人のアイコンは、標準スピートを表します)



Speed調整

(画面下の「Speed」をクリックする度に、音声スピードが変わります)



亀・遅い

(亀のアイコンに変わりました。スロースピードで再生されます)



稲妻・速い

(稲妻のアイコンは速いスピードでの再生です)



これまた自分の実力に合わせて英語の再生スピードを設定できるわけですね。



それから、リピート回数についてあらかじめ設定できるのですが、いつでもリピートボタンを押すことによって、好きな回数だけリピートしてくれます



リピート再生

(左に3つ並んでいるうちの真ん中のボタンを押すと、リピート再生になります。もう一度押すと解除されます)


本当に自由に自分の学習スタイルやレベルに合わせてカスタマイズできるので、重宝しています。


さて、ここまで至れり尽くせりのマジックトーカーズですが、使っていてちょっと気になった部分もいくつかあります。次回は、その気になった点について検証してみることにします。


それではまた、この研究所でお会い致しましょう。ありがとうございました。




ご機嫌如何ですか、セニョール中原です。前回に引き続き、マジック・トーカーズの検証を行います。


今回は、今までマジックトーカーズを使用していてちょっと気になった点について触れてみたいと思います。



まず1つめとして、起動時に音が鳴る事。短い音なのですが、イヤホンを装着していなければ音が周りに聞こえます。

図書館など、音を出してはいけない場所で辞書として使用することもあるでしょうから、起動時の音は個人的には不要かな、と思いました。

回避策として、事前にイヤホンを装着するとか、前回の電源オフ時に音量をミュートにしておく(電源オフ時の音量が記憶されます)、といった方法があります。



次に2つめとして、スピーカーの音質はそれほど素晴らしいわけではありません。あくまでも「簡易スピーカー」と考えたほうがいいでしょう。付属のイヤホンで聞いたほうが音質がいいです。



最後に3つめとして、バッテリーの使用時間が3時間程度であること。3時間では、ちょっと充電を忘れてしまえばすぐにバッテリー切れを起こしそうです。

でもこの点は、英語伝で購入したら予備のバッテリーがおまけでついてきましたので、それほど問題はないかもしれません。



バッテリー
(付属のバッテリーと同じバッテリーとケースがおまけでついてきました)


以上、今まで使ってみて気になった点でした。


まだまだこれからも検証を続けますが、次回は半月ぶりにスーパーエルマーの検証を行いたいと思います。スーパーエルマーもまだまだ検証の途中ですからね。

それでは今回はここまでと致します。お付き合い下さって、ありがとうございました。




はいこんばんは、セニョール中原です。今日は、マジック・トーカーズの検証を行います。


マジックトーカーズは英語学習のみならず、様々な機能がついているんでしたね。今回は、FMラジオとしての機能を取り上げてみましょう。


まず、FMラジオとして使う際は、イヤホンを装着しなければなりません。おそらく、イヤホンがアンテナの役目をしているからでしょう。



イヤホン
(これはマジックトーカーズに付属しているイヤホンです。もちろん、別のイヤホンでも構いません)



続いてFMラジオのアイコンを選択。76-108MHzの周波数のFMラジオが聞けます。手動で周波数を合わせることもできるし、オートで自動選局することもできます。


ラジオ
(ラジオの選局画面。ちょっとピンボケで見づらいですか?)





「オートスキャン」機能を使えば、受信できる放送局を自動で登録してくれるので便利。ラジオの音質は良好ですが、受信状況によっては雑音が多い場合もありますので、その場合はステレオからモノラルに切り替えれば雑音は減ります。








もっとも便利な機能は、「録音」機能でしょうか。受信している放送の内容を、そっくりマジックトーカーズ本体に録音することができます。


録音の際、サンプリング周波数やビットレートも指定することができるので、高音質で録音したい場合や、低音質でもいいから長時間録音したい場合など、使い分けができていいですね。



録音設定
(録音設定画面。)



録音内容を再生するときは、最初の選択画面で「REC」を選びます。

マジック・トーカーズ
(画面左下が「REC」です)



ファイル再生
(録音したファイルを選択して再生します)



録音は、内部メモリのみならず、外部メモリにもすることができますので、長時間録音したいときは外部メモリにするといいでしょう。


060422_1258~0001.jpg
(SDカードに対応しています。カードは別売)



このように、マジック・トーカーズはFMラジオとしての機能を一通り備えているばかりではなく、一歩進んだ機能まで備えているんですね。様々な機能が満載で、嬉しい限りです。


それではこの辺で今回の検証を終わります。また次回、この研究所でお会いしましょう。


英語学習ランキングでこの研究所も健闘しております!ありがとうございました。


はいこんばんは、セニョール中原です。本日はマジックトーカーズの検証を行います。



今回は、マジックトーカーズに含まれている基本中の基本、日常英会話について学んでみましょう。



日常英会話



日常英会話の項目は、「人間関係」「対話に有用な表現1」「対話に有用な表現2」「感情」「食べ物」「買い物」「家」「交通」「電話で会話」「レジャー・趣味・文化」「健康」「公共施設で」「紛失・事故・盗難」といった13の項目に別れています。



マジック・トーカーズ




EP-400N




では、その中の一番最初の項目である「人間関係」を選んでみましょう。


「人間関係」の項目の中でも、「挨拶」「紹介」「約束」「パーティ」「デート」「葬式で」という6つの項目に別れています。



人間関係




ではさらに、その中の「挨拶」を選んでみます。


「挨拶」のなかでも、さらに「初めて会った時」「知り合いの間で」「久しぶりに会った時」「別れる時」「天気について」「対話の例文1」「対話の例文2」「対話の例文3」というパートに別れています。


挨拶



では「初めて会った時」を選んでみましょう。


マジックトーカーズ



EP-400N



「初めて会った時」に使える英会話がいくつか収録されています。

このように、マジック・トーカーズには日常英会話が全部で約4,000も収録されていますので(実はもっと収録されているようですが、それはまた後日検証します)、これをマスターすれば日常英会話で困らなくなるのではないでしょうか。


それでは今回はこの辺で。またこの研究所でお会いしましょう。




みなさんお元気ですか、セニョール中原です。今回は、マジックトーカーズの検証を行います。


英語学習教材としてはもちろん、その他にも様々な機能が充実しているマジックトーカーズですが、今回はその中の1つである音声ファイル再生機能に光を当ててみましょう。



マジックトーカーズはMP3形式WMA形式の音声ファイルを再生することができます。


英語学習教材 マジックトーカーズ

(右上の「MUSIC」アイコンをクリック)



音声ファイルは、マジックトーカーズ本体のメモリに保存して再生することもできますし、SDカードに保存したファイルを再生することもできます。


画面選択

(本体のメモリに保存しているファイルを再生するなら「Internal」を、SDカードに保存しているファイルを再生するなら「External」をクリック)



それでは早速、SDカードに保存してある音声ファイルを再生してみましょう。


セニョール総合非科学研究所へようこそ!当研究所では、様々な英語教材につき、所長であるセニョール中原が実際に使用して検証を行い、その結果を詳細に報告しております。


今回は、マジックトーカーズの検証を行います。


マジックトーカーズを英語伝で購入すると、マジックトーカーズを使ったオリジナルの英語学習活用マニュアルがついてきます。


英語学習活用マニュアル


これは…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。